top_bana

運輸安全マネジメント取組事項

  1. 運輸安全マネジメントに関する基本的な方針を策定し、全従業員に周知している。
  2. 事故件数その他の具体的な指標を用いて輸送の安全に関する目標を設定している。
  3. 輸送の安全に関する計画を作成している。
  4. 輸送の安全に関する情報を適切に伝達及び共有している。
  5. 事故、災害等に関する報告連絡体制を構築している。
  6. 輸送の安全に関する研修等を実施している。
  7. 輸送の安全に関するチェックを実施している。
  8. 輸送の安全に関する業務の改善措置を講じている。
  9. 運輸安全マネジメントを的確に実施し、輸送の安全に関する計画の作成、実行、評価及び改善の一連の過程を円滑に進めている。
  10. その他の輸送の安全に関する自主的、積極的、独創的、先進的又は高度な取組を実施している。

運輸安全マネジメントは、申し訳ありませんが実行したことがないため、資料に基づいて紹介だけしていきます。

資料 平成20年度貨物自動車運送事業安全性評価事業申請案内

1.運輸安全マネジメントに関する基本的な方針を策定し、全従業員に周知している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

  1. 社長(経営トップ)が、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、主導的な役割を果たしていること
  2. 社員に対し、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させていること
  3. 運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となって業務を遂行すること
  4. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表すること

【具体例】
(安全方針の例)
○輸送の安全はわが社の根幹
○安全は最大の顧客満足
○安全は業務の基本動作

(周知方法の例)
○社内、食堂や休憩睡眠施設等職場内への掲示
○点呼時に唱和
○安全方針を記載した個人カードの携行
○社内通信(イントラネット・社内報)

除外事項

上へ

2.事故件数その他の具体的な指標を用いて輸送の安全に関する目標を設定している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

  1. 目標は抽象的な目標ではなく、数値を盛り込む等外部の人が用意に確認しやすい具体的目標とし、事後検証が可能なものを策定しているか
  2. 具体的な目標年次を設定し、短期目標あるいは中長期的目標や段階的目標を設定し、よりわかりやすい目標を設定しているか
  3. 運転者等現場の声をくみ上げる等、現状を踏まえた効果の高いものであるか。社員がイメージしやすく、輸送の安全性に関する意識の向上に資するものであるか。

【具体例】

除外事項

上へ

3.輸送の安全に関する計画を作成している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

  1. 目標は抽象的な目標ではなく、数値を盛り込む等外部の人が容易に確認しやすい具体的目標とし、事後検証が可能なものを策定しているか
  2. 具体的な目標年次を設定し、短期目標あるいは中長期的目標や段階的目標を設定し、よりわかりやすい目標を設定しているか
  3. 安全運転等現場の声をくみ上げる等、現状を踏まえた効果の高いものであるか。社員がイメージしやすく、輸送の安全性に関する意識の向上に資するものがでるか

【具体例】

除外事項

上へ

4.輸送の安全に関する情報を適切に伝達及び共有している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

  1. 経営管理部門(経営トップを含む)と現業実施部門との双方向コミュニケーションとして、トップダウンの一方請うのコミュニケーションだけでなく、現場の顕在的課題・潜在的課題等が現場から経営管理部門に対してボトムアップされるコミュニケーションを確保しているか。
  2. 経営トップに直結する伝達ルートの確保または伝達したものに対してマイナス評価を行わない等の環境を整えることにより、現場の社員等が輸送の安全性を損なうような事態を発見した場合に、看過したり、隠蔽したりせず、直ちに関係者に伝え、適切な対処策を講じることができるようにしているか。

【具体例】

  1. 定期的に営業所において運転手等との輸送の安全に関する意見交換会等を開催する
  2. 社長(経営トップ)自ら定期的に営業所を巡回する
  3. 社長(経営トップ)が定期的にドライバーと個人面談を行う

除外事項

上へ

5.事故、災害等に関する報告連絡体制を構築している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

  1. 事故、災害等が発生した場合に迅速に対応するため、事故、災害等の当事者が直ちに報告するとともに、社員のいずれかが第一報を受け、速やかに経営トップまたは社内の必要な部局等に伝達しうるような体制としているか。
  2. 社内において報告連絡体制の周知を図り、社員が報告連絡体制を熟知することにより、事故、災害等が発生した後の対応を円滑に進める体制としているか。
  3. 自動車事故報告規則(昭和二十六年運輸省令第百四号)に定める事故、災害等があった場合は、国土交通大臣へ必要な報告または届出を行う体制としているか。
  4. 報告連絡体制については、有効に機能するよう社内訓練を行っているか。

除外事項

上へ

6.輸送の安全に関する研修等を実施している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

除外事項

上へ

7.輸送の安全に関するチェックを実施している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

除外事項

上へ

8.輸送の安全に関する業務の改善措置を講じている(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

除外事項

上へ

9.運輸安全マネジメントを的確に実施し、輸送の安全に関する計画の作成、実行、評価及び改善の一連の過程を円滑に進めている(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

除外事項

上へ

10.その他輸送の安全にかかわる自主的、積極的、独創的、先進的または高度な取り組みを実施している(2点)

判断方針

判断基準

添付資料

具体的内容

  1. ABS(装着義務付け車両を除く)、ASR(アンチスピンレギュレーター)、後方視界補助装置等の予防安全技術を採用した車両の導入
  2. 車輌距離制御機能付き定速走行装置、車線逸脱警報装置、居眠り警報装置等のASV技術を採用した車両の導入
  3. GPS運行管理システム・ドライブレコーダなどの先進的運行管理システムの導入
  4. 過積載防止のための重量チェックシステム
  5. アルコールチェッカーの活用
  6. 自社内指導員によるパトロール指導の実施
  7. 自社内独自の無事故運転者表彰制度の確立

除外事項

上へ

 

©2009 N.Ssystem Corporation. All rights reserved.