top_bana

1.環境保全のための仕組み・体制の整備

環境方針環境行動計画の作成・見直し推進体制従業員に対する環境教育

ここでは、環境保全のための仕組み・体制の整備について説明していきます。この項目は、グリーン経営を推進する担当者が作成すればよいだけなので、特に難しいことはありません。

1-1 環境方針

認証基準

会社、事業所等の環境保全への取り組みを示す環境方針を策定しており、環境方針には法規制の遵守など基本的な取り組みが示されている[レベル1]

解説

下記のものに環境方針が最高経営層によって文書化され、かつ法規制の遵守が盛り込まれていることが必要です。

補足説明とアドバイス

お役立ち資料『1-1 環境方針』を参考に独自に製作するか、資料の下線部に必要事項を記入し、運転手の見える場所に貼りましょう。
資料番号1-1

上へ

1-2 環境行動計画の作成・見直し

認証基準

現状の環境保全活動への取り組み状況に関する評価結果や、検討した取組み改善策を踏まえ、今後の目標や目標達成へ向けた具体的な取り組み内容などを盛り込んだ行動計画を作成(見直し)している[レベル1]

解説

下記のものに環境保全活動への取り組みについての現状把握とその課題、目標、目標達成に向けた具体的な取り組み内容が盛り込まれていることが必要です。

補足説明とアドバイス

現在、自社で行われている環境保全に対する自己評価を行い、その結果と課題をまとめます。その上でどのように取り組むのかを計画表としてまとめます。資料を使って内容を自社に合わせて書き換えてください。現状の取り組みがなされていない場合は、各項目に実行されていないなどと記入して下さい。
資料番号1-2

上へ

1-3 推進体制

認証基準

環境保全に関する管理責任者及び必要に応じて環境保全を推進するための組織を定めている[レベル1]

解説

管理責任者が特定されていることを示す下記のいずれかのものが必要です。

推進組織を定めている場合には、下記のものが必要です。

補足説明とアドバイス

お役立ち資料『1-3 推進体制』を参考に独自に製作するか、資料の各箇所を書き換えてご使用ください。

  • 最高責任者名
  • 管理者

この資料では、グリーン経営を行う上で、班分けをしています。班分けを行わない場合は、整備・点検責任者は1名でよいです。また、資料では、「グリーン経営推進チーム」となっていますが、ほかの名前でもよいです。資料は運転手の見える場所に貼りましょう。
資料番号1-3

上へ

1-4 従業員に対する環境教育

認証基準

環境にかかわる法規制や行政指導の内容等を従業員に伝達している[レベル1]

解説

下記のいずれかにより法規制や行政指導が伝達されていることが必要です。

遵守しなければならない環境関連法規、条例及び規制等を整理していることを示す下記のものが必要です。

補足説明とアドバイス

勉強会をします。勉強会で使用する資料は、トラック協会などで配布している環境問題についてです。また、環境問題に関する掲示物を用意し、運転手の見える場所へ貼りましょう。
資料番号1-4

上へ

 

©2009 N.Ssystem Corporation. All rights reserved.